世界探究 散歩・旅行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(4月8日) 井の頭公園

 吉祥寺に引っ越してきました。武蔵野三鷹エリアには4年ぶりの出戻りです。好天にも恵まれ桜満開の井の頭公園は美しく輝いていました。

桜満開の井の頭公園

 これからは歩いてすぐにここへ来られるのが楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/18(水) 12:09:59|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

(2月29日) 本駒込、本郷

 今日は4年に一度の2月29日ですね。文京区も大雪になりました。

本駒込から雪景色

 人通りが少ないです。車の交通量は普段と変わらず、チェーンを装着しているトラックも時折見かけました。

東大本郷キャンパス

 明日から暦の上では春になるんですね。4月には引っ越しをするのでベランダから見慣れた景色もそろそろお別れです。

  1. 2012/02/29(水) 23:30:54|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(1月7日)高校サッカー準決勝、国立霞ヶ丘競技場

 高校サッカーで地元大分県代表の大分高校が準決勝に進み、「聖地」国立競技場で試合をすることになったので応援をして来ました。国立競技場を訪れたのは大分トリニータが優勝した2008年ナビスコ杯決勝の観戦以来で2回目です。

 あの忘れられない思い出の日と同じで空は快晴です。

国立競技場


 富士山も見えています。

国立競技場から富士山遠望


 ギリギリまで家でのんびりしていたので、キックオフの12:05の3分前に到着となりましたが、まだまだ遅れて続々と観客が入ってきている様子です。写真はキックオフ直後の様子です。観客席がガラガラですが、まあこんなものかと思っていたら……。

キックオフ直後の観客席


 試合終了間際にはいつの間にかかなり埋まっていました。準決勝の2試合が続けて開催されるので、第2試合を見に来た人が多かったということなんでしょうか?関東の人なら第1試合の市立船橋を見たいと思うはずなんですが謎です。

試合終了間際の観客席


 大分高校のサッカーはちょうど10年前の第80回全国高校サッカー選手権に出場したころ、深夜放送のテレビで全試合見たことがありました。あの頃の大分高校は今と同じ朴監督の元、日本では珍しい3-3-3-1のフォーメーションで素晴らしい内容のサッカーをしていましたが、準々決勝で前橋育英に敗れてしまい国立にはたどり着けませんでした。次の年の第81回大会は1回戦を埼玉スタジアムに観戦しに行きましたが、キーパーへのファウルにも見える微妙な得点で2-2となり、PK戦になって敗れてしまいました。外したのは去年J2札幌の最終戦で昇格を決定づける2得点を挙げた内村選手だったと記憶しています。10番を付ける選手にはPKで相当な重圧がかかっていることを再認識した試合でした。
 今大会の大分高校は走力頼みの縦に蹴るサッカーで、相手ディフェンダーと3トップの体力勝負のような展開が多く、10年前と比較して魅力が乏しい内容でしたが、特に今試合では3人ほどいた負傷者の代わりに出た選手の動きの質が大きく劣ってしまい、個人技も組織もしっかりとした市立船橋高校には全く通用していないと感じました。スコアは1-2で敗戦。長身センターバック清家選手はセットプレーで真価を見せただけに、もう少しゴール前でのセットプレーにつながるファウルやコーナーキックを攻撃陣がもぎ取ってほしかったと思いました。
 それでもほぼ地元の選手のみで構成されたチームが、練習と戦術でここまで来れるというのは素晴らしいと感じました。久しぶりの国立サッカー観戦もできて、選手や関係者の方たちに感謝したいと思います。
  1. 2012/01/08(日) 00:02:29|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(1月3日)緒方、波野

 友達のK君と一緒にドライブに出かけて来ました。まずは大分市内で焼き肉を食べて、それから国道57号と中九州自動車道を通って緒方の原尻の滝に寄りました。
 滝の近くに架かる吊り橋です。鋼鉄ワイヤーで架けられた橋ですが、足場の木の板は古くなってきており、橋全体がとてもよく揺れるのでスリルを味わえます。お約束ですが橋の上で跳ねて揺らしてきました(^^)

原尻の滝近くの吊り橋


 日本の滝百選にも選ばれている「原尻の滝」です。田んぼや畑が広がる平坦な場所にいきなりこの規模の滝が現れます。

原尻の滝


 竹田からまた国道57号を走り、熊本県に入って波野の広域基幹林道阿蘇東部線を南下すると、マディソン郡の橋のような屋根付き木造の「阿蘇望橋」があります。この橋の道路部は一見どこにでもある小さな橋のものと同じに見えますが、基部も木造です。木造の基部が風雨にさらされ痛むのを防ぐ目的で屋根が付いています。

阿蘇望橋


 さらに南下すると大きな杉の木を中心としたアスレチックのようなツリーハウスがあります。もうツリーハウスとは呼べないほど大きなものに発展していて、通りすがりの車に乗っている人の多くはこの異様な人工物に目を引かれていました。

波野のツリーハウス


 個人の方が趣味で作られたようですが、作りはしっかりしていて一般の方に開放されています。まだまだ増築中のようなので、この先の展開が少し楽しみです。

ツリーハウスの廊下


 K君のおかげで楽しい休日が過ごせました。ありがとうございました(^^)

  1. 2012/01/03(火) 23:57:58|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(12月31日)由布院、湯平

 31日の午前中は移動性の高気圧に覆われて、由布市上空は快晴になりました。写真は狭霧台上の由布岳登山口付近から見た豊後富士「由布岳」と、草原の山「飯盛ヶ城」です。草原が陽光を受けて暖かな黄色に輝いていました。

由布岳と飯盛ヶ城


 蛇越峠から見た由布院盆地です。今日は霞みも無く、コントラストがくっきりとした綺麗な遠景が望めました。

蛇越峠から由布院


 帰りに湯平温泉に寄って散策しました。谷間のひなびた温泉地の石畳は情緒がありました。

湯平の石畳


 実家のミュウは今日ものんびり元気そうです。

ミュウ


 2011年は反省することが多い年でしたが、2012年は良いことがたくさんあるように努力していきたいと思います(^^)

  1. 2011/12/31(土) 19:34:02|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

あきら

Author:あきら
天気が良ければ家を飛び出して日本中の景色を趣味で写真に収めるべく活動しています。天然ボケののんびり屋ですが、よろしくお願いします☆彡

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (0)
散歩 (8)
旅行 (4)
遠望 (2)
その他 (1)

月別アーカイブ

最新コメント

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

カウンター

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。